第20回 BM実践研究会

日時: 2018年1月27日(土) 10:00-12:00
会場:日比谷図書館会議室B

20回は持続性ある競争力、成長戦略を軸に(1)ITベースの急成長ユニコーン群、(2)生産財・産業財を供給する産業としてのインフラ大企業群、(3)グローバルニッチ企業群、(4)中堅企業1000社群に類型化して日本の産業構造の在り方について議論します。

講師(1):難波正憲氏 立命館アジア太平洋大学名誉教授(元経営学部長)

    上記4産業群の持続性ある競争力、成長戦略について俯瞰した後に

 グローバルニッチ企業についてお話しいただきます。

講師(2):澤田 拓也氏 KDDI 商品戦略部長

    情報通信キャリアの現状、課題、今後の展望

新年会:ライブラリーダイニング日比谷


研究会の名称

ビジネスモデル実践研究会


理念、ビジョン、ミッション

  1. ビジネスモデル(BM)の調査・理論研究を通じてBMの俯瞰的、実践的体系を構築する。
  2. ビジネスモデル研究の成果を 多セクター間活動によるイノベーション創出、創出促進へ展開する。BMに関わる事業創造、新しい社会価値創造、雇用の創出へ展開する。地域産業活性化と地域活性化システムへ展開する。出版、教育・研修、コンサルティング等により広く普及する活動を行う。
  3. ビジネスモデル研究集団、シンクタンクとして政策提言、各種受託研究活動を行う。
  4. 会員間の交流・親睦、及び普及活動を行う

BM実践研究会 既プログラム (2017~)


第19回 BM実践研究会

日時: 2017年9月23日(土) 10:00-12:00
会場:日比谷図書館会議室B

演題(1) :世界のハイテクベンチャー  丹羽 靖哉 氏 三菱田辺製薬

演題(2) :ハイテクIPOの現状、メガトレンド 伊香 知加也 氏 ニコン

演題(3) :第三世代のサービスイノベーション 大塩 和寛 氏 北陸先端科技大学院


BM実践研究会 既プログラム (~2015)


第18回 BM実践研究会

日時: 2015年9月19日(土) 10:00-12:00
会場:日比谷図書館会議室B

 幹事挨拶 

◇第一部 ベンチャー企業研究                   13:10~15:20

◆論点、視点:(1)IPO企業の発展段階の特徴、(2)日本型IPOの特徴、(3)ビッグデータ関連企業(特にベンチャー系)の現状と課題、(4)ビジネスモデル

◆発表

 1.ベンチャー企業論:大塩和寛氏(北陸先端大)、佐藤順一氏(TDK)

 2.ビッグデータIPO企業研究:伊香知加也氏(ニコン)、澤田拓也氏(KDDI)、阿部仁志

◆コメンテーター:下畑光夫氏(IDC)、阿部惇氏(立命館)、干臺俊氏(経産省)、青柳行浩氏(KPMG)

 1.下畑光夫氏:ビッグデータ関連のIPO企業論、ビジネスモデル(+)コメント

 2.干臺俊氏:日本型IPOの特徴、IPO政策(+)コメント

 3.阿部惇氏:MOTの立場からベンチャー企業論、IPOプロセス論(+)コメント

 4.青柳行浩氏:コンサルの立場からIPO企業のBM、IPO前後の企業ドラマ

◇第二部

 丹羽 靖哉氏 『世界のハイテクベンチャー動向(2)Technology Pioneers2015

               田辺三菱製薬㈱   会員          15:30~16:00

 服部 健一氏 『発明資本主義とオープンイノベーション』16:00~16:50

               インテレクチュ アル・ベン チャーズ(IV)、ディレクター

 代表まとめ、お知らせ               16:55~17:00

4.懇親会 松本楼にて               17:00~18:30


ダウンロード
第17回BM実践研究会プログラム
ご案内BM17回(150530)案内.pdf
PDFファイル 46.8 KB
ダウンロード
第16回BM実践研究会プログラム
第16回BM実践研プログラム(案内).pdf
PDFファイル 50.4 KB
ダウンロード
第15回BM実践研究会プログラム
第15回BM実践研プログラム(最終版).pdf
PDFファイル 42.4 KB

組織体制

代表:研究会を主宰し会務を司る。

  • 阿部 仁志

幹事:代表を補佐する。代表不在の時は研究会を主宰する。

  • 佐藤 順一
  • 後藤 礼彦
  • 大塩 和寛